サモエドのcalonと犬アレルギー娘・愛美の日々の生活を綴ってみました


by calon-samo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ついに引き取り

本当はクリスマスに引き取るつもりだった。
でも、あんまりかわいい4日の印象が忘れられず、とりあえず引き取りの前にもう一度会いに行くことにした。
ブリーダーさんに連絡したところ、「もうつれてっても良いよ~」という返答だったらしい。生まれた翌日にも同じことを言っていたからブリーダーさんの冗談かと思うけど・・・
ノロウイルス騒動でくには休みを取りやすい状態・・・ずっと付き添える。
そして待ちきれない。いろんな条件が揃っている。
当日の朝8時起床。そして決断して、部屋のお掃除、カロンを迎える部屋の準備。私たちの食事の買いだめ。朝ごはんはサザエのおにぎり。ブリーダーさんに納めるお金・・・いろんな準備を急いでした。
11:54出発雪が降っていて、視界が悪かった。路面は悪くないけど、なかなか大変だ・・・
ブリーダー家でのカロンは、静内のほうに引き取られる予定の女の子とともにおうちの中にいた。元気にないたりする子とは対照的に、カロンはおとなしく、好奇心旺盛なのかちょっとづつ探検をしていた。
ブリーダーさんに今日引き取りたい旨切り出す。残念がっていたが、引取りには同意してくれ、シャンプー。このときもおとなしい。他のわんこともお別れだ。
16時過ぎ。帰路に着く。しばらく後にキュッキュと啼きだす。
異常事態に気づいた様子。抱っこで帰ってくる。
すっかり疲れたので、夕食もベントスで済ませるため、購入。
18時カロンはキュッキュ キュッキュ アオ~ンと大騒ぎ。
人間の途中でカロンのご飯。パピーフードをふやかす。臭い…こんなに臭いものを食すのか?あげるとすっごい勢いで平らげる。
しばらく騒いでいるが20時前には入眠。
おねしょと歩きながらのおしっこ。トイレはぜんぜん覚えられない。仕方ないのか?
ハウスはドアを閉めると怖がって半狂乱になるが、落ち着くところだという認識はあるようだ。
22時ちょっと夜鳴き。
カロンは寝てたし、大人も疲れたので就寝。電気が消えると短時間鳴くが、居間で入眠。眠りが浅く、時々水を飲む音がする。
夕方に排便するといわれていたが、今夕は排便なし。
おなかはハリ気味。ちょっと心配。明日までに出なければ綿棒浣腸を試みようと思う。
f0095922_8264738.jpg

[PR]
# by calon-samo | 2005-12-17 10:17

カロン決定

カロンを選びに行く
苫小牧まで出かけていく。雪という予報もあったし準夜の前、ということもあって、時間に間に合うかどうかを気にしながら、早くからのお出かけ。
女の子は少し小さくて男の子は大きめ。
その違い程度で、さすが兄弟.見分けがつかない。
あまりの可愛さに驚く。本に載っていた赤ちゃんの選び方を試してもてもどの子もおりこうという印象。ぜんぜんわからない。
どの子も抱っこを嫌がらずリラックス。触られ好き。ひっくり返してもそのままリラックス。無抵抗になついてくる小さい子達にやられる。
私には選ぶなんてできない・・・
困り果てて夫に一任。お顔立ちの微妙なかわいさと鼻の模様でカロンは決定。
f0095922_10155629.jpg

次に会うときにはもう兄弟別れ別れになっているので、兄弟みんなの写真はこれで最後。たくさんとっておく。
この間赤ちゃんに触れるだけで怒っていたお母さん犬はもうぜんぜん知らん顔。
[PR]
# by calon-samo | 2005-12-04 10:12

初対面

平成17年11月5日。苫小牧のブリーダーさんの家で女の子3、男の子2の5頭の兄弟たちのなかでカロンは生まれた。生まれたときも丸々として全員元気いっぱいのかわいい子供たちだったらしい。小さくてかわいらしい。ようやくサモエドの赤ちゃんに会えたことに感慨ひとしお。
でも、お母さん犬のガードが厳しくてなかなか写真も撮れない・・・
今は十分にお母さん犬にがんばってもらうことにする。
ブリーダーさんに使い捨てカメラをひとつ託し、撮ってもらう。
f0095922_1084865.jpg

[PR]
# by calon-samo | 2005-11-06 10:04